ランチャストラトスWRC仕様にそっくりなコペン

少し前の事なんですが、ランチャストラトスWRC仕様をそのまま再現している形状からするとコペンだったと思うんですが、これがまたランチャそっくり。目を疑ってしまうぐらいだったんです。

奥多摩に向かうバイパス付近だったんですが、驚きと妙な感動がこみあげて来たのを覚えてます。

もともとスパーカー世代だけにこの年代のイタリア車が好きなんですが、特にこのランチャストラトスのラリー仕様が好きでした。それが目の前に現れた訳ですから、びっくりの一言です。

じっくり観察って訳ではないですが、よく見ると小さい!?不思議な感覚。そのままスケールダウンした感じだったので、オーナーさんは結構な改造費を捻出していると思います。

バンパーからボンネットに付いた4連フォグ・天井にも4連のフォグ・リアのガラス面にはサッシ風のカバーまで。

ただ違ったのはフロントのライトだけ、リトラクブルライトではない。ペイントまでそっくりに出来ていたので、たぶんリトラが手に入らなかったのか取付不可だったのかわかりませんが、そこだけが残念でした。

走り去っていくその軽ランチャは圧巻でした。マフラー音は軽めでしたがいい音してました。それ以来、見かけてはいないのですが最高にかっこ良かったです。

筆者について

カー

記事を表示 →