時代は電気自動車

日産「リーフ」が、気になります。

電気自動車、究極のエコですよね。私の住んでいる京都市は、観光の車、バス、タクシーでごったがえしています。タクシーも、たまに、プリウスタクシー、極、極まれにリーフタクシーを見かけるようになりました。

京都の盆地は、空気が澱んで、排気ガスで充満しています。更に、中国大陸からPM2.5が飛来しているので、空気がとても悪いです。少しでも空気をよくするためには、京都市内を走る車の中で多くを占めるタクシーに、是非、電気自動車を導入して欲しいです。

国や、地方自治体も設備投資の補助金を出して、タクシーの皆さんが、ハイブリッドか電気自動車に車を変えられるよう、手助けして欲しいです。

すると、その他の車も、タクシーの真似をして、ハイブリッドか電気自動車に変えるのではないでしょうか。

早くそうなって欲しいと思います。ところで、電気自動車の乗り心地はどうなのでしょうか。今度、ディラーに行ったとき、試乗させてもらおうと思います。

静かで、穏やかな乗りごごちなのでしょうね。京都市にはぴったりの車ではないでしょうか。街ゆく人も静かです。会話をする恋人たちも静かです。落ち着いた街には、エコカーがとても良く似合うと、常常考えます。

筆者について

カー

記事を表示 →