小型車とは思えぬ広々空間、スペイド

トヨタ自動車から2012年7月に発売開始された、「スペイド」
人気車でありながら生産を終了したラウムの後継車です。ラウムの目玉であった大開口の電動スライドドアを更に使いやすく伝承しています。

右側ドアはスィングドアで前後2つあります。左右で違うドアであるため、駐車時の乗り降りの場所や荷物だけを乗せたい時など、
目的に応じてどちらか好きなドアから利用できるところがいいところです。

左側電動スライドドアは助手席から後部座席まで1面ドアの大開口なので、左側から入りウォークスルーで運転席まで移動が可能です。

コンパクトで小回りが利き、小型車ながら広々空間で天井も広く大人も簡単に乗り降りできます。広々空間をこれでもかと言うぐらい広げています。素晴らしい。

姉妹車であるポルテは女性向で丸く可愛いデザインですが、スペイドはポルテと比べるとどちらかと言うと男性的なシャープなカッコイイデザインです。

カラーはスペイド専用色である、紺紫のダークバイオレットマイカメタリックとシトラスマイカメタリックがあります。2色とも個性的な色です。

派手でクールな感じのシトラスマイカメタリックが、なかなかない色なので目立つこと間違いなし。
遊び心ありデザイン重視の車じゃなく空間の広さや機能性もしっかりして、とても購入したい車です。

日産リーフに魅力を感じています

軽自動車、普通車問わず、様々な車が出るたびにチェックしている私ですがここ最近、地味に見かける回数が多くなってきたリーフが気になってしょうがないのです。

ガソリンを一切使わず、蓄電した電気だけで走行する。

後続距離や充電時間等の面でまだまだ課題は残っていますが、リーフは日産初の市販EVとしては、実に完成度が高く価格設定も高価な大容量リチウムイオン電池の搭載を考えればかなり頑張っていると思います。

プリウスなどのハイブリッド車も確かに合理的であり、実に実用的なジャンルではありますが、化石燃料をメインに使っている以上、個人的にはあまり未来性を感じません。

なぜ、先に述べた「未だ課題が残っている」にもかかわらず魅力を感じているかといいますと、現在の売電の規制とインフラ状況を考えればかなりメリットがあると考えられます。

私の住んでいる地域は比較的EV設備において積極的な地域で市役所や地域振興局など公的な場所に無料で利用できるEV用の急速充電器がおいてあります。

高速道路のSAの急速充電器も特に会員でなくてもアンケートに答えるだけで無料で充電が可能です。

ここまでEVに対するインフラに政府が力を入れているにもかかわらず、EVにおける売電にはまだ明確な規制ができていないということがこの太っ腹な状況を生み出していると考えられます。

つまり、リーフに限らず、もっとEVが普及し一般化するころには、ガソリンのように明確な価格が付けられ「電気税」なるものができてもおかしくないわけです。

そうなった頃にEVを購入したところで、時すでに遅し。先進車の旨味はとっくに失われていることでしょう。