小型車とは思えぬ広々空間、スペイド

トヨタ自動車から2012年7月に発売開始された、「スペイド」
人気車でありながら生産を終了したラウムの後継車です。ラウムの目玉であった大開口の電動スライドドアを更に使いやすく伝承しています。

右側ドアはスィングドアで前後2つあります。左右で違うドアであるため、駐車時の乗り降りの場所や荷物だけを乗せたい時など、
目的に応じてどちらか好きなドアから利用できるところがいいところです。

左側電動スライドドアは助手席から後部座席まで1面ドアの大開口なので、左側から入りウォークスルーで運転席まで移動が可能です。

コンパクトで小回りが利き、小型車ながら広々空間で天井も広く大人も簡単に乗り降りできます。広々空間をこれでもかと言うぐらい広げています。素晴らしい。

姉妹車であるポルテは女性向で丸く可愛いデザインですが、スペイドはポルテと比べるとどちらかと言うと男性的なシャープなカッコイイデザインです。

カラーはスペイド専用色である、紺紫のダークバイオレットマイカメタリックとシトラスマイカメタリックがあります。2色とも個性的な色です。

派手でクールな感じのシトラスマイカメタリックが、なかなかない色なので目立つこと間違いなし。
遊び心ありデザイン重視の車じゃなく空間の広さや機能性もしっかりして、とても購入したい車です。

筆者について

カー

記事を表示 →