スバルといえばこの車! レガシィシリーズ

冬場、私は健康のことも考えて徒歩で大学へ行くのですが、必ずと言って良いほど大学付近で見かける車があるんです。

「レガシィ」というスバルの車なのですが、とにかく格好良い! 私は色々な車を見るのが好きなのですが、私の中でのトップはやはりこのレガシィでしたね。

セダンタイプも、ワゴンタイプもどっちもとにかく見た目が格好良いんです。スバルの車は外装が…なんていう人も、レガシィだけは別格と言われるほどです。

私が大学付近で見るのはセダンタイプなのですが、黒い斜体にウイングが特徴的でしたね。若いお兄さんが乗っていました。

しかしこのあいだ、初めて初代のレガシィを生で見ました! ダンディな老紳士が信号待ちをしているところを、見とれてしまいました。

見た感じ本革シートで、内装が豪華でした。生きているうちに一度だけでもいいから、初代レガシィには乗ってみたいですね。

エンジン音もインパクトがある中でそれでいてクール。言葉では説明しづらいので、ぜひとも皆さんにはあのエンジン音を聞いていただきたいです。

兄が乗っている車もレガシィB4なので、一度乗せてもらったことがあるのですが…内装も素晴らしい!
セダンタイプなのですが、見た目以上に中が広い。シートも真っ黒で、乗っていると落ち着きます。

とにかくレガシィは外装も内装も完璧で、素晴らしい車です。いつか自家用車にしたいですね。

初心者から見たフェアレディーZの魅力

私は全くといいほど車には興味がないのですが、近い友達が車好きということもあって数ヶ月前から車を良く見ているのですが、あまりピンとくるものがありませんでした。

しかし、普段私が通勤している橋を運転している時にフェアレディーに出会いました。背景を山と川。そして太陽の光で輝くボディーにひと目で惚れてしまいました。

まず僕が一番フェアレディーでかっこいいなと思う点は、後ろ姿です。2つのマフラーにボリューム感のある形。前から見て、かっこいいなと思う車はたくさんありましたが、後ろを見た瞬間に「あー、これはなー」と思うことが多々ありました。しかしフェアレディーは顔ももちろんかっこいいのですが、横、後ろどこから見てもかっこいいところが本当に大好きです。

 また、あまりにもカッコイイので自分でネットなどで調べてみていたところ内装も一つ一つこだわっているなと感じました。なぜなら、まず、シートが本革です。

そしてカラーバリュエーションも高く、自分の好きなようにカスタマイズできます。なんと言っても走りが他の車とは別格です。とにかく速くコーナリングも安定した動きができるとのこと。
将来必ず手に入れると一人で決意しております。

絶対目立つ!クロスポロ!

先日仕事から帰宅中、信号待ちでオレンジ色の見慣れない車種の小型車が後ろに停車した。

「ゴルフ?いやポロっぽいなぁ..。なんかスポイラーが付いてるぞ?大体なんだあの色は!?」

信号青になり、車線変更してワザと横に付いて小さいステッカーを発見!

「クロスポロ」だと確認したが、クロスポロなんて初めて見た。

か、かっこいい!オレンジと黒のコントラストが抜群!とにかく目立つ!!

色々調べたところ、ビックリしたのがあんなナリなのに4WDではない!?

まぁ燃費には良いと思いますが、個人的には四駆にして欲しかったかな。

エンジンは1.2SOHC TSIシングルチャージ105ps/5000rpm 17.8kg/1550?4100rpm

低回転トルクが図太いので街乗り向きだと思います。

7速DSGも魅力的。足回りは17インチホイール。

この17インチがクロスポロたる由縁だと思います。

ただ高い!283万は高いでしょ!!デミオなら高いのでも164万で買える。

それにもうちょい出せばGTI買えちゃう。(318万)

でも、GTIはそこそこ町中でも見るけどやっぱりクロスポロは全然見かけない。

実際あれ以来1台も見た事ない。

「なにあの車?かっこいいじゃん」と言われたい方にオススメです!!

時代は電気自動車

日産「リーフ」が、気になります。

電気自動車、究極のエコですよね。私の住んでいる京都市は、観光の車、バス、タクシーでごったがえしています。タクシーも、たまに、プリウスタクシー、極、極まれにリーフタクシーを見かけるようになりました。

京都の盆地は、空気が澱んで、排気ガスで充満しています。更に、中国大陸からPM2.5が飛来しているので、空気がとても悪いです。少しでも空気をよくするためには、京都市内を走る車の中で多くを占めるタクシーに、是非、電気自動車を導入して欲しいです。

国や、地方自治体も設備投資の補助金を出して、タクシーの皆さんが、ハイブリッドか電気自動車に車を変えられるよう、手助けして欲しいです。

すると、その他の車も、タクシーの真似をして、ハイブリッドか電気自動車に変えるのではないでしょうか。

早くそうなって欲しいと思います。ところで、電気自動車の乗り心地はどうなのでしょうか。今度、ディラーに行ったとき、試乗させてもらおうと思います。

静かで、穏やかな乗りごごちなのでしょうね。京都市にはぴったりの車ではないでしょうか。街ゆく人も静かです。会話をする恋人たちも静かです。落ち着いた街には、エコカーがとても良く似合うと、常常考えます。

注目度も高いN−BOX

自営業を営んでいる実家の配達用にしている車買い替え案が浮上。

しかし、買い替えに当たっては様々な条件がありました。軽自動車であること、荷物が沢山積めること、スライドドアであること、貨物ではなく乗用であること、好みの色があること。大きく分けてこの5つの難関を突破できる車を探すのがかなり大変でした。

4つはクリアできるものの、どうしても1つクリアできないという車種が多いこと多いこと。当初は中古車でと考えていたので、平日はインターネットで、休日は近所の中古車センターで車を日々でした。

そんな中、たまたま立ち寄ったホンダのディーラーの方が「こういう車が今度発売するんですよ」とパンフレットを出してくださいました。そこにはN−BOXの文字。

パンフレットの写真を見て、「最近、よく出ているワゴンタイプの軽」というだけの印象でした。でも、ページをめくるとびっくり。驚くほど両親の出した条件に当てはまりました。

装備も充実していて、車体の色も豊富。母好みの色もあって個人的にはこれでいいんじゃないかと思いましたが、「実物を見ていないので荷物がどれくらい積めるか、横幅・縦幅はどれくらいかを実際見てみたい」という両親の意見で後日試乗会に行ってきました。

当日、他のお客さんも結構いてびっくり。試乗も順番待ちになっていて、注目度が高い車種なんだなぁっと感じました。初めて実物と対面して、軽なのに車内がかなり広いことに驚きました。

かさ張る荷物を沢山積む家業ですが、縦幅も申し分なく特に父は大満足でした。試乗した感想はとにかく静か!そして、小回りがよく利くので狭い道も安心して走れそうだなと感じました。この試乗会で満足した私と両親、その場で契約書にサインしました。

予約待ちでようやく納車され、我が家の足となって元気に走り回っていますがすごく燃費がいいです。もちろん、普段使いにもぴったりで私もたまに借りて友達とランチにでかけています。買ってよかったなと思える1台でした。

ランチャストラトスWRC仕様にそっくりなコペン

少し前の事なんですが、ランチャストラトスWRC仕様をそのまま再現している形状からするとコペンだったと思うんですが、これがまたランチャそっくり。目を疑ってしまうぐらいだったんです。

奥多摩に向かうバイパス付近だったんですが、驚きと妙な感動がこみあげて来たのを覚えてます。

もともとスパーカー世代だけにこの年代のイタリア車が好きなんですが、特にこのランチャストラトスのラリー仕様が好きでした。それが目の前に現れた訳ですから、びっくりの一言です。

じっくり観察って訳ではないですが、よく見ると小さい!?不思議な感覚。そのままスケールダウンした感じだったので、オーナーさんは結構な改造費を捻出していると思います。

バンパーからボンネットに付いた4連フォグ・天井にも4連のフォグ・リアのガラス面にはサッシ風のカバーまで。

ただ違ったのはフロントのライトだけ、リトラクブルライトではない。ペイントまでそっくりに出来ていたので、たぶんリトラが手に入らなかったのか取付不可だったのかわかりませんが、そこだけが残念でした。

走り去っていくその軽ランチャは圧巻でした。マフラー音は軽めでしたがいい音してました。それ以来、見かけてはいないのですが最高にかっこ良かったです。

子供3人ならマツダのプレマシーかな

子供が3人乗れる車を探しています。7人くらい乗れて、スライドドアで、燃費も程々で、大き過ぎない車と考えていました。

ホンダのフリードは「ちょうどいい」のですが、あまりに多く見かけるのでもう少し個性的な車を探しました。そこで候補に挙がったのが、日産のラフェスタとマツダのプレマシーとホンダのオデッセイです。

ホンダのオデッセイは、新型のスライドドアが出たので、候補に入れましたが、予算の都合で断念。

日産のラフェスタは、夫婦共に「何と無くないなぁ」という感じ。見た目が丸くもなく角ばっているわけでもなく、とにかく普通な印象なのかな。

消去法で、マツダのプレマシーが残りました。近所の図書館に行ったら駐車場に停まっていました。見た目は、ラフェスタより丸っこい感じ。前から見るとマツダっぽい笑い顔です。近所で見たのは水色でした。なかなか好みの色です。スーパーで見掛けたには、シルバーでした。買うならこっちかな。

マツダのHPを見たところ、似た感じにMPVがありました。車に詳しい人からしたら全然違うかも。でも、オデッセイと同じく、予算が足りず断念。

上記の通りで、プレマシー最高という訳ではなく、消去法で、プレマシーをいいなと思いました。

個性が光る日産ジューク

最近どこでも良く見かける日産のコンパクトカーであるジュークという車が気になっています。

出かけると必ずどこかで見かけるこの車種ですが、まず見た目がとても個性的です。車にあまり興味のなかった私が一番に覚えたのがこの車で、この見た目がとても印象的でした。

ほっぺをあげてニヤリと笑うような顔をしていて他の車にはない形です。車高は高く設定されている悪路用タイプの車です。

中はとてもスポーティーでおしゃれな作りになっていて、とてもかっこいいです。値段も手に届きやすい範囲に設定されているために人気があるのだと思います。

パワーも十分なようです。カラーも様々で、どれを選んでもかっこよい仕上がりになりそうですが、私はパッションレッドがこの車らしいのではないかと思います。

ジュークといえば赤というイメージがあります。もし私が車を買うのならばこれが良いのでこの車の試乗をぜひしたいと思っています。見た目も良く、中身も良い自分の中ではパーフェクトな車です。

ただ家族の多い家庭では厳しい広さになってしまいますが、スポーティーさを追求すれば仕方のないことかなと思います。もともとコンパクトカーとして作られているので少ない人数向けの車です。

スズキラパンのショコラ、キュートなカラー

私は今、派遣会社に登録して、様々な会社に働きに行くアルバイトをしている主婦です。

そんなある会社の勤務の時に、一緒になった女性の、駐車場に停めていた車が、スズキラパンのショコラでした。

新車を買ったというので、帰りに見せてね、と彼女と一緒に駐車場に向かいました。

何色だと思う?と彼女が言うので、私ともう一人の社員は彼女の優しいイメージから、ピンク色やベージュ色かも、と推測し合いました。

でも実際は黒色でした。イメージとは違ったのですが、すっかり私は一目ぼれしてしまいました。

CMでも見るように、ラパンショコラのチョコレートを意識したような、可愛らしくて女子力が高そうという雰囲気ならば、やはり淡いカラーが似合いそうです。

しかし、黒いラパンショコラは、ちょっとした落ち着きのような物を感じさせながらも、キュートな軽自動車の魅力を少しも失っていませんでした。

むしろ、黒がますますデザインを引き立てるような、いい見栄えがしました。

黒がいいねいいねとほめちぎり、彼女も嬉しそうでした。

お互い派遣社員でしたし、いつも同じ時に会うわけではないので、彼女の車を見たのは一度きりだけです。

街でもあまり見たことが私は無くて、是非どこかで彼女の車にもう一度会えないかなあと、つい探してしまいます。

新型オデッセイはかっこいいい

私は今昔のオデッセイに乗っていますが、新型のオデッセイが気になります。

昔のオデッセイが好きな人には今回新型になった事によって不満がある人もいるようですが、私は逆です。
理由は新型のオデッセイには、まず昔のオデッセイにはなかったスライドドアが取り付けられているからです。

私はオデッセイに乗る前はスライドドアがついているミニバンに乗っていたので、最初スライドがないオデッセイは不便だと感じていました。

最近のミニバンはスライドドアが付いている物が多いのに、オデッセイには付いていなかったので、オデッセイをスライドドアにすればもっと需要が伸びるのになと感じていたからです。

ですがオデッセイの外見はすごく好きだったので、スライドドアさえ慣れればそんなに気にもなりませんでした。

ですがやはり前に乗っていた車の高さで慣れていた事で、オデッセイの車高にはいつまでたっても慣れませんでした。

だから欲を言えばスライドドアで、かつ他のミニバンと同じくらいの高さであれば言うことなしなのにと、常に思っていただけに、新型オデッセイの変更部分を知って羨ましく思いました。

あるとき大型ショッピングモールに行ったら新型オデッセイを見かけて、じっと観察してしまいました。

家族で来られていて、たくさん買い物をした後の様だったのですが、スライドドアでドアが開き、荷物を三列目のシートに置いて、帰って行かれました。

たくさんの荷物を持っていても荷物を地面に置くことなくドアが開けられ、かつ荷物も余裕で置けて、たくさんの人達が広い空間で過ごせるというのがとても羨ましかったです。

それを見てからはいつか新型オデッセイを購入できればいいなと思いました。

今は前のオデッセイが頑張ってくれているので、それを大切に乗って、機会があれば新型に乗り換えられるように、その日まで楽しみにしています。