日産リーフに魅力を感じています

軽自動車、普通車問わず、様々な車が出るたびにチェックしている私ですがここ最近、地味に見かける回数が多くなってきたリーフが気になってしょうがないのです。

ガソリンを一切使わず、蓄電した電気だけで走行する。

後続距離や充電時間等の面でまだまだ課題は残っていますが、リーフは日産初の市販EVとしては、実に完成度が高く価格設定も高価な大容量リチウムイオン電池の搭載を考えればかなり頑張っていると思います。

プリウスなどのハイブリッド車も確かに合理的であり、実に実用的なジャンルではありますが、化石燃料をメインに使っている以上、個人的にはあまり未来性を感じません。

なぜ、先に述べた「未だ課題が残っている」にもかかわらず魅力を感じているかといいますと、現在の売電の規制とインフラ状況を考えればかなりメリットがあると考えられます。

私の住んでいる地域は比較的EV設備において積極的な地域で市役所や地域振興局など公的な場所に無料で利用できるEV用の急速充電器がおいてあります。

高速道路のSAの急速充電器も特に会員でなくてもアンケートに答えるだけで無料で充電が可能です。

ここまでEVに対するインフラに政府が力を入れているにもかかわらず、EVにおける売電にはまだ明確な規制ができていないということがこの太っ腹な状況を生み出していると考えられます。

つまり、リーフに限らず、もっとEVが普及し一般化するころには、ガソリンのように明確な価格が付けられ「電気税」なるものができてもおかしくないわけです。

そうなった頃にEVを購入したところで、時すでに遅し。先進車の旨味はとっくに失われていることでしょう。

時代は電気自動車

日産「リーフ」が、気になります。

電気自動車、究極のエコですよね。私の住んでいる京都市は、観光の車、バス、タクシーでごったがえしています。タクシーも、たまに、プリウスタクシー、極、極まれにリーフタクシーを見かけるようになりました。

京都の盆地は、空気が澱んで、排気ガスで充満しています。更に、中国大陸からPM2.5が飛来しているので、空気がとても悪いです。少しでも空気をよくするためには、京都市内を走る車の中で多くを占めるタクシーに、是非、電気自動車を導入して欲しいです。

国や、地方自治体も設備投資の補助金を出して、タクシーの皆さんが、ハイブリッドか電気自動車に車を変えられるよう、手助けして欲しいです。

すると、その他の車も、タクシーの真似をして、ハイブリッドか電気自動車に変えるのではないでしょうか。

早くそうなって欲しいと思います。ところで、電気自動車の乗り心地はどうなのでしょうか。今度、ディラーに行ったとき、試乗させてもらおうと思います。

静かで、穏やかな乗りごごちなのでしょうね。京都市にはぴったりの車ではないでしょうか。街ゆく人も静かです。会話をする恋人たちも静かです。落ち着いた街には、エコカーがとても良く似合うと、常常考えます。